2021-03-02

Women's Awareness Yoga(WAYについて)

Women's Awareness Yoga

(ウィメンズアウェアネスヨガ)

Women's Awareness Yogaで一番大切にしているのは、カラダとこころを支える軸。

体の中心にある体の軸や呼吸に意識を向けて、カラダをほぐし、こころをゆるめていきます。

立つとき、座るときに一番楽な位置に軸が通っていないと、腰や背中が丸まり、骨盤が後傾したり、外側の筋肉を過度にりきませて背中や首が張ったりしてしまいます。また、身体が過剰に前のめりになることにもつながります。

腹部の内臓や血管が押しつぶされ血流が悪くなり、便秘や尿漏れ、婦人系の不調にもつながることも。

身体の軸が意識できるようになると、立っている際、座っている際に背骨のやわらかなS字カーブをキープでき、肩こりや腰痛などが起こりにくい身体を目指していけます。

また骨盤の後傾などのくせが解消されることで内臓も正しい位置に配置され、内臓や腹部の血管などもやわらかく保つことにつながり血流がよくなるので冷え症の方にもおすすめ。

練習を重ねていくと重心が前すぎたり、後ろすぎたりすることなく楽に座り、立つことができるようになっていきます。結果、脚のラインがきれいになったり、くびれができるというスタイルの面でもうれしい変化も。

身体と心は繋がっていて、こわばった身体をほぐし、軸を作り使っていくことで、呼吸が整いこころもしなやかになっていきます。

一緒にゆるんでいてそれでいて軸ある、しなやかな身体とこころを目指して練習しましょう。

〇クラスの特徴

  • 背骨、肩関節、股関節(骨盤周辺)を中心にときほぐし、余分な力を使わず最小限を力で身体を支える練習を身体の軸を意識しながらすすめていきます。
  • 目線や意識する場所で変わる身体の動かしやすさを実践しながら感じ取ることを大切しています。
  • 骨盤底の引き上げを様々なポーズで実践し、会陰を姿勢作りのスイッチとして整えていきます。
  • ツボや経絡など東洋医学的な視点も取り入れ、内臓の疲れや身体の機能の働きにアプローチするセルフマッサージをとりいれてしっかり身体をゆるめて、ヨガのポーズをとりやすい身体作りをしていきます。
  • 後屈や前屈などポーズによって軸の位置を変えたり、同じポーズ内で2種類の軸を使ってポーズをとりながら体感頂く内容を行う場合もあります。

〇こんな方におすすめ 

  • 姿勢や呼吸を整えて行きたい方 
  • 身体にかかる重力を意識した身体作りでカラダとこころに軸を作っていきたい方
  • くびれのあるウエストや脚をすっきりさせたい等女性らしいしなやかなスタイル作りをしていきたい方
  • 月経血コントロールのための身体作りを知りたい、上達をしていきたい方
  • むくみや冷え、尿もれ、生理痛、更年期症状などの不調がある方
  • 年齢を問わずすべての女性におすすめ
関連記事

    関連記事はありません